181029_LoRaで多種・多点・広域無線の屋外観測安定動作を確認

2018年10月29日(月曜日) 13:24 washio
印刷

News: LoRaで多種・多点・広域無線の屋外観測安定動作を確認

LoRaで多種・多点・広域無線の屋外観測安定動作を確認

説明資料PDF5Page:181029_lora__3g_package

<NEWS>
1.LORAシステム屋外実証試験安定動作を確認->製品完成

驚きの1年乾電池だけでリアルタイム観測

LoRaを使った観測システムの屋外確認試験をはじめて1ヶ月安定動作を続けております。これからも安定試験を続けますが製品としては完成しました。
1ヶ月が経過し3分毎観測、3分毎の観測ノード送信、10分毎3Gメール送信を続けても各観測ノードはこれから先、4ヶ月以上は問題なく動作する見通がちました。 各観測ノードの運用を10分毎の運用ではなく3分間隔なのは加速度負荷試験で10分での運用期間の1/3の4ヶ月で12ヶ月の運用を確認するためです。また、雨で斜面の観測なシーズンを6月~11月(6ヶ月)とすると5分間隔の観測をしても乾電池だけで半年は動作する見通しです。

多くの屋外観測利用の方は10分でも問題ないと言われており、1年電池だけで動けば、年度替わりに電池を入れ替えれば次の年度までリアルタイムでの広域無線観測が可能です。 電池ですから日陰でも気にせず観測が行えますし、LoRaですから木が邪魔な森の中でも長距離の通信が可能です。
ロガーの機器は安いですがリアルタイムの観測はできません。そしてデータがリアルタイムでコンピュータに届くことでリアルタイムのデータ処理、データ評価が可能となります。この事でリアルタイムの予測処理への境界条件としてのリアルタイム実測データを供給し連携する事が可能となります。

最終更新 ( 2018年10月29日(月曜日) 13:29 )