手軽に設置し利用できる屋外Web計測を通して防災、自然理解をすすめ社会に貢献するのがミッションです。
RSS icon Email icon Bullet (black)
  • 手に乗るweb観測点 遠隔メールでもっと便利に設定変更が可能に

    ご利用頂いているお客さんも遠隔地に機器を設置し運用を開始すると頻繁にゆく人で1ヶ月に1回程度、通常2~3ヶ月は現地にはいりません。ましてや雪の季節には道路が通行止めになって入れないところもあります。

    こんあ状況を考えると観測システムに求められのは信頼性です。故障せずに安定して長期動作することです。そしてたとて故障しても復旧が容易なことです。 機器が止まる原因でもっと多いのが電池ギレです。そんな時、観測や通信の間隔をあけて消費電力を落とし太陽電池モデルなら電池の回復を図れます。またたとえ日陰などで回復が図れなくても観測できない状態を先に伸ばせ現地に入るまでの時間が稼げます。
    更に積極的には台風などで増水や土砂災害が予想される前に監視間隔を細かくして詳細な観測を行えます。この変更もメールやWeb画面から行えますので簡単です。 大雨の予報=>細かい観測〈全機器に一括) 天気が回復=>粗い観測と観測機器が多くても一括でメールを送れば良いので簡単です。  確認も更新された設定情報を一括して確認でき運用者の負担を減らします。

    実際、新しい機能を使い始めてみると、試験運用から実運用への水位や警報レベルの変更もWebでできるので便利です。
    初期設定では保守ケーブルでの直接接続が必要ですが、動き始めてしまえば、スマートフォンと観測システムだけで運用できるのでとても楽に感じます。

  • 簡単設置 超音波水位Web観測システム カタログ

    180308_usonic_water_level(カタログPDF:8P)

    橋の脇や、渓流の脇に簡単設置できる一体型超音波水位観測システムです。

    事務所で準備しておけば現地に1日で設置できるシステムです。渓流脇に取り付けも工事用単管が使えるのでホームセンタなどでの入手が容易です。結果はWebでどこからでも状況を確認できます。

  • 「手に乗るWeb観測点」超音波水位観測

    手に乗るWeb観測点に0.5mー10mの距離が測れる超音波水位観測システムが近々リリース予定となりました。

    左が機器の写真で箱の下にロート状に出ている部分が超音波センサで50cm~10mの距離が測れます。分解能1cm、精度1%で水面までの距離を測ります。

    一体型なのでこのまま固定できれば直ぐに観測が始められます。結果はFOMAのデータとして送られてくるので携帯がつかえる範囲であえばどこでも使えます。

    写真では太陽電池が表についていますが電池だけでも消費電量が小さいので長期の観電池だけで動作する計算です。

    急な観測でもってゆくものをこれ一個にしたいのならお勧めです。

    機器が小さいので2台3台とリュックにいれて多地点の観測も楽です。

    現在、動作を初めており、安定動作を確認したらリリースです。6月からの降雨時期には楽々リリースが間に合う予定です。

  • AD4+DIで斜面の総合観測、乾電池で林の中も大丈夫

    渓流に流量を計測する堰を設け、水位を測ることで堰を流れる流量を計測、雨量計を設置し、流域面積と雨量との積を求めて斜面に降った総雨量を求め、更に地下の水位を観測し、斜面の水収支を調査します。

    FBS-HORNET-AD4に水位2箇所と雨量計接続して手軽に設置出来ます。

    10分間隔の観測1日1回Web更新なら、単2x8本で6ヶ月以上は動作する試算で、乾電池なので北斜面や木の茂った場所にも気兼ねなく設置出来ます。

  • ソフトの保障は検証で初めて可能 作っただけでは動作は保障できない

    コンピュータのプログラムはテスト環境を作って動作を確認して初めて保障されます。数式の様に証明を行えば検証しなくても大丈夫とはなりません。

    先日、テスラの自動運転車がトレーラと衝突して自動運転者に乗っていた運転者の1人が亡くなりました。 自動運転中で、空の色とトレーラーの色の区別が難しく自動運転の車も運転者も気がつかず事故が起こってしまったようです。

    昔、ロケットの制御ソフトを作っていた頃は、全ての命令を実行できるよう、様々なテストケースを作って開発したプログラムのほぼ全ての命令が実行される試験を行いました。
    こんなばあい、異常時に対処するプログラムコードを実行できるテストケースを作るのは大変です。 例えば、6回エラーを検知したらリセットするコードをテストするなら6回のエラーを起こすテストケースを作らなければなりません。条件が重なると更に複雑になります。

    これが今日AIを考えるとそのデータも処理もはるかに複雑で処理もコンピュータ自身で学習し、実行する状態になり、人知の及ばない範囲となります。このシステムで完全な安全を保障するのは無理と言えます。 そんな状況でも安全を担保したいのであればできるだけ多くの環境で動作させ安全に動作するのを保障することでしかありません。 あるときコンピュータがハードウエアの故障で暴走し、車も暴走するようなことが起こらず安全に使えればと願っています。 蛇足ながら宇宙船のシステムは3つのシステムが同時に動いて合議制で最終決定を行ったと聞きます。 また、私の経験した航空管制のプログラムでは2重系にして自動的なフェールオーバも行っていました。

    滅多に起こらないエラーは、対処が特に大変です。罠を掛けて捕らえたり、足跡をトレースするプログラムを作ったり、最後は全体を知っているエンジニアの力です。友達は、夜中にバクの原因を思いついて翌日修正したといっていました。

  • 計測運用でのSIM費用は高いのか=>交通費・人件費=>知的な業務

    SIMを使ったWeb計測を行っておりますが、様々な方々から運用費として通信費用の利用の申請が大変で使わないSDカードに保存する様な既存のロガーの方法もないかとのお話をいただきます。 システムとしては可能なのですが、旅館の建て増しみたいでエレガントさに欠けると考えて拡張はやめにしています。

    ここでSIMの通信費用を考えてみると3000円/月として年間、36000円です。1回の現地に入って調査する交通費と人件費を考えれば、10万は飛ぶ状況で大きなムダを考えないで細かい費用を考ている事に思えます。

    何より、データをロガーで取って結果を収集加工するまでの時間を考えるとその損失は出張費用だけでは収まりません。

    私を含めてデータをみて評価する人が単純作業のデータ収集や加工に時間を取られて本来のデータ評価とそれに対する対処や対策を行わないのは人財の無駄使いです。

    SIMがさらに安く、スピードも早まる中、安いSIMが使えることはWeb計測の環境が広がって歓迎することです。 そんな時代だからもっと有効利用するリアルタイム性や、複数の場所をまたいだ、総合的な評価に時間を割くのが本来の目的に合致します。そしてそれが、防災対策や自然保護に役立ちます。

    SIMの費用ばかり見て本来の災害対策や自然保護を加速させる知的な作業に使う時間を増やすのが本来の求められる姿と考えます。そして、人財の無駄使いをやめ、知的生産性を上げる事にWeb計測が強い味方になります。 コンピュータにやらせられる事は自動でやらせ、人にしかできない知的な作業に時間を割きましょう。

  • 計測データ処理はVPSサーバに移行中

    新しく完成したAD16chですが、サーバも自社サーバでの動作と共にVPSサーバへも移行しております。 CentOS7を利用し、SElinuxやFirewallを使いセキュリティを強化すると共に使いやすいシステムを提供してまいります。 VPSにする事で東京都、大阪や国内と海外でサーバを持つ、二重系を目指しています。

    久しぶりにLinux をインストール、セットアップを行ってみると、yum のコマンドでコンパイルする必要が無く楽になっていると感じると共に、本当に使えるには、やはり大量のマニュアルを読んで正確な理解が必要は変わりません。 ネットで探すと手順は多く見つかりますが、理由知りたくなると英語のマニュアルが必須となるのは変わりません。 国内より、海外のほうが正確で丁寧な情報が多く、基礎力の充実を感じます。
    社内のサーバも新しくしていますので近々、公開予定です。 今は、CMS(Joomlaの3.xバージョンで利用できるよう取り組んでいます。)ツールなので手足のように使えるようになるまでしばらく時間がかかります。)

  • 単1x8個で3日間連続動作のWebライブカメラ

    現地をライブで見たい要求に答えるWebカメラを準備しています。カメラ+通信+Web公開を行っても2W~3Wと小さな消費電力で動作します。このため、単1電池x8個あれば3日間は現地のライブ映像を確認できます。

    100VのLANも不要でFOMAのデータ通信を使って現地を見られます。

    計測も、16チャネルを準備し、Webカメラも準備して、屋外の計測、監視を手軽に実施します。

    システムにご興味ある方はアスペクトシステムにお問い合わせください。

  • ウォーキングはアイディアを考えるには良い時間です

    リュックを背負って会社に到着した所です。

    座って考えをまとめるより、歩いて考えをまとめて、その結果を机の上でまとめる方が私にとって効率的です。
    机で時間を使えばアイディアは出るのではなくむしろ、自由な時間に自由な発送の方があっています。

    単純労働なら拘束時間で作業ができますが、知的で創造的な仕事は自由な環境から生まれると考えています。 い
    製造業というと職人の世界の様にマスコミは捉えますが、それは映像として変化があるものでないとテレビ写りが良くなくていためです。 創造的な仕事は、映像をとっても変化がなく普通の日常の様に写り、インパクトのある映像は取れません。 でもこの創造的な力が製造の本質であると考えています。

  • 標準化、東京でも京都の近鉄でも同じSUICAが使える

    電子カードが京都の私鉄でも使えます。 ちょっと驚き。
    日本全国が一つの規格の中で動作するのは便利で良いのですが、反対に地方色が薄れてゆきます。 昔ながらの切符を切る姿ももう特別な場所以外では見かけません。

    利便性や効率から考えると統一は一つの方法ですが、多様性が失われ、ひとつ壊れると全てが壊れる怖さがあります。

    と言いながら、私どもも3GやZIGBEEを使って範囲用的な計測を目指しています。 こちらは一般化であり汎用化です。