手軽に設置し利用できる屋外Web計測を通して防災、自然理解をすすめ社会に貢献するのがミッションです。
RSS icon Email icon Bullet (black)
  • 乾電池だけで10分毎計測1時間毎Web更新で1年動作評価開始

    1年間乾電池だけでWeb観測システムの評価を開始しました。

    乾電池はエボルタのアルカリ乾電池を使っているのでエボルタチャレンジの様です。

    日陰も日向も気にせず何処でも1年Web観測できるシステムです。
    Web更新間隔も1時間ごとと細かい間隔で更新します。

    メールで計測間隔も送信間隔も変更できるので10分毎のWeb更新に変更して緊急時は詳細に観測することも可能です。

    屋外の観測をできるだけ手軽にデータベースに収集します。

  • 屋外観測の定番ロガーの代わりにWebロガーじゃもったいない。

    屋外観測の定番ロガーの代わりにWebロガーじゃもったいない。

    データを取りにゆく代わりにメールで受け取りあとはこれまでと同じ人手でデータ処理する方法では短時間で評価解析はできません。ここでこそコンピュータの力を借りて自動処理すべきです。

    観測から評価までの生産性が上がり本当に人の判断が必要なデータ評価に十分な時間を割り当てられます。

    内蔵の単2アルカリ乾電池8本で1年屋外観測Webロガー メール送信はその方向にとても有効な観測手段です。

  • 工事現場は重機でセンサーケーブル切断の危険 LoRa無線観測に最適

    工事現場は重機でセンサーケーブル切断の危険があります。そのためセンサーケーブルの配線には最新の注意が必要です。 それが観測したい場所の傍で観測して無線でゲートウエイに飛ばせればとても楽に観測が実現できます。さらに観測ノードは省電力で10分ごとの観測でも内蔵単2電池8本で1年動作るメンテナンスフリーの運用ができます。

  • 屋外配線ケーブルを長距離無線通信LoRaで解消

    左は屋外用のケーブルです。屋外では配線ケーブルだけでなくケーブルの保護管も必要です。更に屋外にむき出しに置くのを避けるために地中に埋めたりします。こうなるとケーブル100mを設置するのに手間がかかり簡単に移設で配線を変更とは行きません。 これが無線なら設置も移設も手間がかかりません。ところがこれまでの無線は通信距離が100m程度と短く障害物があると届きにくくなっていました。しかしLoRaは300m位なら少しの障害物があっても問題なく通信でき、屋外配線ケーブルの代わりのなります。それでも地上から低い高さの設置では電波通信に必要な電波空間が確保充分できず通信強度が弱くなりますので少なくともノードで1.5mの高さは必要です。ゲートウエイは高ければ高いほど良い通信状態が確保できます。

    アスペクトでは実際にLoRaの観測システムをご利用頂き安定動作の実績を重ねております。

  • 屋外観測システムのメンテナンスフリーを目指して

    屋外観測システムは急斜面などの設置場所から保守点検の回数を減らしたい物です。そのためには

    1)信頼性の高いシステムを使う
    ハードが故障することは避けられませんが高信頼の部品や十分
    試験して安定性が確認されたシステムが故障を減らします。
    2)保守点検が容易な機器を使う
    構成機器が少なく修理が容易な機器を使う
    Webを利用して運転状況や故障の予兆を検知し、修理に利用。
    3)専門知識が無くても運用・点検を可能とする
    Webで専門家のアドバイスを得られ現場での対応を容易とする。
    4)故障時取り外し、修理後取り付けを容易とする。
    5)多地点の機器故障監視をソフトで自動化できる。

    手に乗るWeb観測点はこの様な要求に答えるシステムを目指して構築されています。

  • 四万十川の堤防に置かれた他社12W太陽電池の水位計=>電池だけで動かすが売り

    四万十川の堤防に置かれた他社の12W太陽電池の水位計です。これと同等にを乾電池だけで1年動くシステムを作っており、消費電力計算で見通しを立て実運用で確認を行います。

    ちなみに電池だけで10分毎計測送信で2ヶ月以上動作の実績があります。1時間ごと送信なら1年電池だけで動きます。

  • 鉛バッテリは20℃で6ヶ月放置すると約20%自己放電、暑い夏ならさらに

    鉛バッテリを充電しないでほって置くとバッテリが過放電して使えなくなった経験を何度もしています.そこで自己放電の特性を調べてみると20度で放置して半年経つと約20%容量が落ちることがわかりました。 温度が上がるとさらに自己放電が大きくなるので1年鉛電池だけで太陽電池などで充電せず使うのはできないことが分かりました。

    自己放電の小さなアルカリ電池の利用が必須となります。

  • 手に乗るWeb観測点:4ゲージ式の亀裂変位計と接続

    試験には治具が必要になり準備しました。取っ手を回すと亀裂が変化しノギスで正確に測ります。
    動作を確認してシステムを提供いたします。

  • 四万十川の沈下橋 住人が少ないから実現

    四万十川に架かる沈下橋を見に出かけてきました。 実際渡る途中で自動車と遭遇すると端までよって落ないかと怖い思いをしました。橋から実際落ちる車や自転車もあるようです。

    対岸に住んでいる人は少なく、交通利用の多いところは欄干のついた相互通行の橋がついておりそちらを使っています。

    それから9月13日には別の沈下橋で川に飛び込んで遊んでいた大学生8人の内、女性一人が溺れて亡くなり助けようとした男性一人の計2人がなくなりました。痛ましいことです。

  • 16ch+1ACアダプタの接続の妥当な大きさ

    16ch観測システムの底面です。現場での配線しやすさは小ささだけではないをお客様が気づかせてくれます。

    コンパクトは必要ですが配線を楽に行うケーブルが扱いやすい大きさがあります。あまり小さいと手をいれるのも大変苦労します。