手軽に設置し利用できる屋外Web計測を通して防災、自然理解をすすめ社会に貢献するのがミッションです。
RSS icon Email icon Bullet (black)
  • 手に乗る観測点、接続センサーの実績を整理中 流量センサー

    左は東京計装の流量計EGM1050Cです。GNDを他のセンサーと共有して4-20mA出力を計測しています。手に乗るWeb観測移転内部では50オームの抵抗をシリーズにいれ電圧計測を行います。

    センサーの電源には外部から100vのを使用しています。

    汎用の4-20mAセンサーがGND共通で計測できます。

  • 0.0km

    新しい年は新しい気持ちにさせてくれます。
    毎日が新しく変化してゆきますが見直すきっかけを作ってくれます。

    今年も屋外観測を手軽にを目指して進んでゆきます。
    実際にご利用していただく件数も増えシステムも枯れてきています。

    今年度も宜しくお願い致します。

  • 路面電車と利用者

    富山市の路面電車は約15分毎に通る上、街の中心部は路線も重なっており更に細かい間隔で通ります。それでも運ぶ人数は自家用車が圧倒的に多く見えます。排気ガス=温暖化ガスを考えれば自家用車の利用を減らしたいものです。 街の中に広い緑と小さくても特色のある店を集めて楽しい街歩きが楽しめる。 大手がリードするショッピングモールに対抗できるような街ができないかと考えていました。 どこに行っても画一的な大手のお店ばかりに儲けが独占されるとともに多様性のないつまらない場所に感じます。

  • 元に立ち帰って基本と大変さを知る

    富山・高岡の海王丸です。

    今でも現役で帆走可能で保存されています。
    悪天候の中、揺れる高いマストに登り帆をたたむ姿を想像しただけで怖くなります。

    エンジン付き、GPSで位置も直ぐわかる現在と違った北極星をみの航行はいかに神経を使い大変だったかを考えさせてくれます。

    基本に立ち返ると本質を考えさせてくれます。

  • 16chは簡単な観測でも必要

    4chでは不足、16chは簡単な観測でも必要の感じが掴めてきました。

    要求に答えられるよう乾電池で半年、1年動作するシステムを準備しています。

    16chで10分毎計測、1時間毎Web更新でも単1x16本+単2x8本なら1年動作可能の見通しを得ました。 左の16chの箱が2つあれば計測システム+電池も全て収まります。

  • 増水の跡形 倒木

    川に残された倒木の跡が激しい川の流れの跡を留めます。

    災害の後を辿ってみるとNewsでは分からないことが分かります。

    周辺の様子、危険なところ安全なところ。日本は山国で急傾斜地が多いことがわかりますし崩れるのは自然の摂理の分かります。

  • ゴミ焼却場の運転管理スクリーン

    表示の参考になります。
    いつも確認が必要なところ、原因を調べるところ、過去の状況を
    確認するところと思考の流れを考えて設計が必要です

  • 乾電池だけで10分毎計測1時間毎Web更新で1年動作評価開始

    1年間乾電池だけでWeb観測システムの評価を開始しました。

    乾電池はエボルタのアルカリ乾電池を使っているのでエボルタチャレンジの様です。

    日陰も日向も気にせず何処でも1年Web観測できるシステムです。
    Web更新間隔も1時間ごとと細かい間隔で更新します。

    メールで計測間隔も送信間隔も変更できるので10分毎のWeb更新に変更して緊急時は詳細に観測することも可能です。

    屋外の観測をできるだけ手軽にデータベースに収集します。

  • 屋外観測の定番ロガーの代わりにWebロガーじゃもったいない。

    屋外観測の定番ロガーの代わりにWebロガーじゃもったいない。

    データを取りにゆく代わりにメールで受け取りあとはこれまでと同じ人手でデータ処理する方法では短時間で評価解析はできません。ここでこそコンピュータの力を借りて自動処理すべきです。

    観測から評価までの生産性が上がり本当に人の判断が必要なデータ評価に十分な時間を割り当てられます。

    内蔵の単2アルカリ乾電池8本で1年屋外観測Webロガー メール送信はその方向にとても有効な観測手段です。

  • 工事現場は重機でセンサーケーブル切断の危険 LoRa無線観測に最適

    工事現場は重機でセンサーケーブル切断の危険があります。そのためセンサーケーブルの配線には最新の注意が必要です。 それが観測したい場所の傍で観測して無線でゲートウエイに飛ばせればとても楽に観測が実現できます。さらに観測ノードは省電力で10分ごとの観測でも内蔵単2電池8本で1年動作るメンテナンスフリーの運用ができます。