手軽に設置し利用できる屋外Web計測を通して防災、自然理解をすすめ社会に貢献するのがミッションです。
RSS icon Email icon Bullet (black)
  • 銚子電鉄「絶対にあきらめない」

    銚子電鉄「絶対にあきらめない」=>鉄道の少ない売り上げを補うため商品販売で盛り立てています。

    新しい展開に努力している姿に感銘を受けます。

  • FBS_HORNETをbluetoothでアンドロイドで観測データをモニタ

    保守ケーブルを使う代わりにbluetoothで繋ぐ評価をしています。

    ノートと保守用USBケーブルを持ち込むに比べればケーブルの代わりにbluetoothアダプタを繋ぐだけでよく持ち込み品も少なく手軽です。

    左はアンドロイドのスマートフォンでFBS_HORNETの状態をモニタしています。

    電池だけでどれだけ動くかの検証していますがFBS_HORNET・GWが1日以上、スマートフォンも1日以上動作するので重たい予備電池も不要です。

  • 土木施工2020年6月号にお客さんの土砂ダムの記事が載りました

    斜面崩壊に伴う天然ダムの初期対応
    「京都府福地山市で発生した事例の紹介」

    実際に土砂ダムが出来、決壊の危険もある場所でのお客さんの日本工営さんの方々を含め多くの関係する方々が初期対応の苦労の一端が分かりました。

    そして翌々日に設置できた水位のWeb観測システムを採用していただいたことをうれしく、そして結果が残せたことを誇らしく思います。

  • 長距離無線通信LoRa観測: 電波衝突対策

    上の中央がLoRa/3Gのゲートウエイでその他がAD4ch+DI2chの観測ができるノード8台です。

    LoRaは弱い電波で長距離通信を可能にするため通信速度を犠牲にしています。左のシステムでは約100BpSのスピードで一回に最大40バイトの送信を行っています。 この他に送信が成功したかの確認や時刻合わせの通信も短いデータ長ですが行っています。

    簡単に計算すると1回のデータ送信に5秒以上かかります。そしてこのシステムでは10分毎に全データを収集しますので約1分に5秒の通信時間がかかります。

    不定期に各ノードが発信すると電波の発信時刻が衝突して送信に失敗する可能性が出てきます。 これを避けるため各観測ノードに別々の送信時間を割り当て通信の衝突が起こらないスムーズな通信を確保しています。

    さらにこの送信時間が正確に維持できるようGWの時刻を基準として各ノードの時刻を時刻同期通信を行い合わせています。

    この様に長距離通信を安定して実現する工夫をしています。

  • 多くの観測地点の観測情報が日本中から集まり自動総合評価へ

    昔はアメダスも人がデータを収集して処理していた時代がほんの50年前までありました。それがコンピュータやネットワークの発展で少ない資本でアメダスのような広域観測が実現できる時代となりました。

    私どものシステムでも日本国内さまざまなところでの観測実績を重ねています。

    これによって大量のデータがデータベースに集まり、自動評価やシミュレーションとの連携が可能となりました。

    これからさらに大量データの処理や上位サーバとの連携方法を提案してゆきます。

  • 雨の季節に向けて斜面観測開始、信頼あるシステム実績

    斜面の災害が起こりやすくなる雨の季節が6月からはじまります。 それに備えて広島での多点(114点)。多地点(16箇所)の観測が始まりました。 私どもでは全Web観測を提供しております。

    屋外での実践で信頼あるシステムとしての実績を重ねています。

  • コロナが知的作業を加速する

    人と会うことや国内・国外への移動が大幅に制限される一方、ネットを使った会議やメール情報交換は利用が増えています。

    こんなときだからこそ制限されない知的作業を延ばすよい時期でもあります。

    私どもでは屋外での計測データを手軽にDBに集めWebで利用しています。

    この時期を利用して収集したデータを評価・改正する知的作業に結び付けて行きま新しい提案を行ってまいります。

  • コロナが開く新しい世界 単純な観測から解析・評価に

    屋外観測は一般に人が観測地点を赴いて記録されているメモリカードを回収しオフィスのパソコンでデータを整理し報告書にまとめるとともにデータの評価・解析を行います。当然ながら毎日現地に行うような運用は費用がかかってできません。

    これがFoMaを使った遠隔計測を使ってクラウド上のデータベースを使えば人が介することを減らしてサーバ上で評価・解析した情報を関係者ですぐ共有できます。また、シミューレータの境界条件に実測データを供給して予測や予兆の検知へと結び付けられます。

    コロナで人と会っりオフィスに出たりすることが制限される中、クラウドを使った評価・解析・予測なら現地に入るのはトラブルや定期点検時に限られ時々刻々、観測データがみられる状況でありながらテレワークでも質の高い仕事ができます。(データを回収する必要なくいつでも観測データが利用できます)

    さらにこれまですぐに観測データが利用できる状況となって評価・解析・予測のプログラムを準備し、処理することで本来の目的である観測データを有効利用でき、生産性の高い屋外観測への結び付けられます。

    この様なシステムを提供して行きます。

    そのためにも手間のかからない観測とデータベースでの解析は必須です。

    コロナだからと仕事の質を落とさす高い品質と生産性を求めるよい時期です。

  • ウォーキングに新しい道具を採用

    ウォーキングで上半身も使えるようスキーのストックの様なウォーキング・ストックを取り入れました。

    時間が取れるコロナの緊急事態宣言。 新しい未来を考えられるよい時間です。

    お客さんも会社や現場に入ることも制限されWeb観測を有効利用して頂いております。現場の情報をリアルタイムに利用して現場に入れなくても工事の状況を適切に管理していただいております。

    現場の管理に計測情報は大切です。それには手軽に乾電池で半年・1年観測できるシステムは有効です。

  • 羽田の国際便は多くがキャンセル

    多くの航空便がキャンセルされています。海外との観光だけでなく仕事も難しい今日この頃です。新しい仕事のスタイルを模索しています。