手軽に設置し利用できる屋外Web計測を通して防災、自然理解をすすめ社会に貢献するのがミッションです。
RSS icon Email icon Bullet (black)
  • 緊急水位Web観測を単1電池で1ヶ月以上10分毎観測・送信

    単管に簡単に取り付けた緊急水位Web観測}(上)と単1x8本の電源の拡張ユニット(下)です。

    本体内蔵の単2アルカリ電池x8本だけでも2週間、10分毎観測・送信を行え緊急に十分ですが、更に単1アルカリ電池x8本追加すると3倍強の6週間以上を乾電池だけで動作させることができます。

    10分毎計測・1時間毎の送信なら6週間の6倍=36週=7ヶ月の連続動作が可能です。

    単2x8本で土壌水分4深度と雨量を計測し、10分毎計測・6時間毎送信で1年以上連続動作の実績があります。

    観測の場所は日当たりの悪い場所もおおいものです。太陽電池に頼らず軽くてコンビニでも調達しやすい乾電池観測をご利用ください。

  • 単1x8本:屋外設置の拡張電池ボックス

    水位Web観測システムと同じ大きさで単1x8本を収納し観測システムの電源を拡張するユニットです。

    水位観測の場合、10分毎に計測送信を行って4週間連続動作する計算です。 10分毎計測、1時間毎送信なら6倍の24週~=5ヶ月電池だけで動作する計算の省電力です。

  • LoRaとFOMA3Gの同時観測と比較

    左の箱に黒い太陽電池がついたほうが、3G通信モデル。右の白の箱で太陽電池がないのがLoRa観測モデルです。 計測間隔は同じで計測データ送信間隔が3Gが6時間毎、LoRaは10分毎です。3Gが一回の送信に平均100mA1.5分かかるのに比べLoRaでは20mA5秒程度と圧倒的にLoRaが省電力です。このため、単2x8本で長期(このセンサー構成で1年もつ計算です)

    その他の違いはLoRaがゲートウエイが必要なのに3Gは単独に設置できるトコロです。
    単独におきたいなら3G、広域で詳細に多地点を観測したいならLoRaの観測が有利です。

  • News 緊急観測に対応最短翌日納品Web水位観測システム近日リリース

    説明資料:190611_news_short_deliver(PDF2page)

    今回のNewsは、短納期web観測システム近日リリースとシステムの信頼性と運用費用の話題です。

    内容:

    A.緊急水位Web観測に答える短納期(最短翌日出荷)近日リリース。
    緊急を要する地すべりによる土砂ダムの水位観測などに最適です
    B.斜面の観測が5年目に入り長期安定動作と運用費用

  • 3台の「手に乗るWeb観測点」計37チャンネルを一つの観測とする

    3台別々の観測を一つの総合的な観測として処理しやすい様に1レコードとしています。

    方法は、別々に収集されているDBをSQLのjoin を使って統合した新しいDBと見なしています。

    DBのコマンドで自動的に行われますので人が介在せず効率的で本来の解析業務に時間を使えます。

  • 16チャンネルモデルで傾斜センサー多チャンネル観測

    梅雨に向けて斜面観測システムの準備が忙しくブログ更新の間が開いてしまいました。

    左が[手に乗るWeb観測点16チャンネルモデルに繋ぐ傾斜センサー9台の単体試験を行っている写真です。

    実際にWeb観測の実試験まで事務所の中で全て試験できるのはとても効率的です。

    現地ではセンサーとの接続を間違えない様に注意すれば計測はWebで確認できるので離れての技術サポートも楽です。 同じ計測情報を共有出来るので関係者一同、状況を直ぐに共有できます。

    ロガーの様にデータを取得してからの様な時間遅れも手間がかかることもありません。

    別のお客さんは観測の状況=機器の運手状況を電車の中でも確認できて便利といっていました。

  • NiMH電池寿命のわかる充放電器

    NiMH充電池が寿命か判断するのに便利な充放電器を手に入れました。各電池毎に、放電、充電での電池容量を表示してくれます。もともとの容量の2/3を目安に電池交換を検討しています。

  • LoRaプライベート3分毎観測送信で7ヶ月単2アルカリ電池で動作

    2018/09/20に新品のエボルタ乾電池で観測をはじめ2019/04/22に交換するまで3分ごと計測送信で7ヶ月連続の雨量+水位の観測を続け、電池交換後更に計測を続けております。 もともと10分毎計測送信で1年連続観測が目標なので3分では7ヶ月の3倍21ヶ月(1年9ヶ月)連続動作が可能となる計算です。

    このLORA観測ノードに最大雨量計x2台+水位計x4台がつなげますので林の中と外の雨量+地下水と渓流水位の観測や河川堤防の堤体内部の水位分布観測を手軽に実現できます。

    センサーへは、観測時のみ内部から給電しますので省エネで取扱いが容易です。

  • 190320 アスペクトNews 「手に乗るWeb 観測点」

    説明資料190320aspect_news(PDF4Page)

    190320 アスペクトNews 「手に乗るWeb 観測点」

    目次

    1. 4 ゲージ歪センサー4 チャンネル
    観測システム製品完成
    2. 独立電源 FOMA3G 通信 4 チャンネル
    歪センサー観測システム
    3. 独立電源 10W 太陽電池で10 分毎
    リアルタイムweb 観測
    4. 多種・多点・多地点観測データをデータベースの
    Join でまとめて有効利用
    5. 16 チャネル観測と4 チャンネル観測組合せで
    多チャンネル観測

  • 独立電源 手に乗るWeb観測点 AD4、AD16

    説明資料190315_fbs_hornet_ad4__ad16_brsh(PDF2Page)

    独立電源で屋外にそのまま置けるWeb観測システムです。手軽なAD4chモデルと本格的なAD16chモデルがあり、それぞれ乾電池と太陽電池モデルがあります。利用場所に合わせた選択をいただけます。センサーへの給電も内部から行い煩わしいセンサー電源も必要としません。遠隔設定の機能もあるので現地に入らずに計測間隔など変更が可能です。1年10分間隔計測、6時間毎Web更新を乾電池モデルで実現した実績があり、超省電力のシステムです。