手軽に設置し利用できる屋外Web計測を通して防災、自然理解をすすめ社会に貢献するのがミッションです。
RSS icon Email icon Bullet (black)
  • 180730 News 豪雨の観測+天然ダム+LORA+長期観測

    NEWS資料1ページ:PDF

    <NEWS>
    1.7月豪雨時、斜面観測を多地点で安定動作

    お客さんにご利用頂いている斜面の観測システムが7月の豪雨や台風でも安定して観測し、大切な計測結果を残しています。短いものはこの6月から古いものは3年前から計測を開始し、安心してご利用頂けるシステムになっています。そして、収集されたデータが将来の防災に役立てばと願っております。

    2.天然ダムと流れ出す河川の緊急水位観測に「手に乗るWeb観測点」が採用

    明日、2台の水位Web観測システムを納品できないかとの急なお話を頂き、手元で社内試験中で安定動作しているシステムを急遽準備し出荷させて頂きました。出荷に翌日には現地で設置され、天然ダム水位と流れ出す河川の水位状態のWeb観測を開始する事が出来ました。Webは後日、一般公開用されたり、天然ダム水位が上昇したとき、警報メールを自動送信する様、設定して運用されています。運用は5分間隔の計測、10分毎Web更新で詳細に現地の状況が監視・観測が行えており、天然ダム越流の危険は皆さんのご苦労で回避できています。 現地の水位状態がリアルタイムで共有でき事で防災に役立ち、私どもも嬉く思っています。

    直ぐ始めるWeb観測説明資料:URL: PDF:9Page
    http://aspect-sys.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/2018/06/180626_fbs_rain_waterl_alm.pdf?ID=BLG180730

    3.LORA

    LoRaを使った観測システムの開発が進んでいます。 目標は、「手に乗るWeb観測点〈AD4+DI2):LoRaモデル」を10台、最短1分間隔(通常10分間隔)で観測し、10分毎にゲートウエイに送信、10分毎(通常60分毎)にWeb更新するシステムを目指しています。設置可能範囲はゲートウエイから半径2kmです。先日、多摩川や高尾山で通信試験を行い、河川敷で3km、見通しの悪い森の中でも600~1kmの安定通信を確認しました。
    例えば、河川の水位観測なら1つの水位センサーを設置した10分毎の観測、送信を10分毎に行って1年以上、単2x8本で動作する試算です。(太陽電池を付けると連続観測となります)
    LoRaの観測は、汎用のADとDIを持っていますので斜面の傾斜計、テンシオメータ、土壌水分、水位、伸縮計、など様々なセンサーが接続でき、これまでの一箇所の多チャンネルロガーに全てのセンサーを集める方法の様にケーブルがスパゲッティの様に混乱し、費用もかかる事もなく楽に設置できます。(200mをセンサーケーブルを這わすのは大変な作業ですから)追加も設定して置けば観測を始められるイメージで考えています。

    4.電池で柿林内の雨量と土壌水分4深度、1年連続電池で観測(まだ9.8V:先月から0.1Vの減り)

    単2×8本で1年以上、雨量と土壌水分(4深度)の観測が丸一年、今月月7月28日で1年を迎えました。 現在も9.8Vで放電終止電圧の8Vまで1.9Vあり、これまで1月0.1Vの電圧降下を考えるとまだ19ヶ月、安全を考えてとしても半分8ヶ月は持つ計算です。このシステムは警報やリアルタイム性が必要なく毎日手元にデータが欲しい条件なら十分な機能です。

  • 屋外簡易メール・Web 観測システム「手に乗るWeb 観測点」

    屋外簡易メール・Web 観測システム「手に乗るWeb 観測点」

    台風シーズン, 増水状況の記録・監視に日陰でも簡単に設置6ヶ月の長期観測が可能な簡易観測システム。
    特徴:小型・軽量このまま屋外に簡単設置、消耗品の乾電池や設置資材の単管も簡単に入手可能。FOMA通信が使える格安SIMで通信費が安い。アナログ4chとデジタル2チャネル内蔵で雨量計、水位計、土壌水分、流量計、傾斜計、テンシオメータ、濁度計、EC、温度計の接続実績。通信時の時刻同期で正確な時刻を維持。電池電圧もモニタされ交換時期もわかる。土砂災害斜面や、用水路、小型プラント等、様々な屋外現場で動

    日刊工業新聞:「新製品情報の原稿です」

    今月は、100HzとGPSの観測を行うMEMS地震計Web版を実際の地震計と比較します。10msec程度の時間誤差で、深度1以上の地震波が記録できる事を目標にしており、単2乾電池x8本で3~6ヶ月屋外動作が設計目標です。

  • 太陽電池駆動と乾電池駆動のWeb観測比較

    左資料170815_compare_solar_battery(PDF:1Page)

    実際、観測という観点で太陽電池駆動と乾電池駆動を比べて見ると、取り扱いの容易さという点で乾電池駆動に分があります。それは、日向でも日陰でもおける手軽さ気にするのは電池の電圧で3~6ヶ月交換不要なら機器の点検で例えば3ヶ月毎に現地に入る時に合わせてコンビニで乾電池を調達し交換すれば良いので気楽です。
    一方太陽電池は、乾電池と同じ条件での観測なら電池の電圧をあまり気に市内で済みます。しかし、研究や調査での観測を考えると日当たりを気にする必要があり、日陰には設置できません。
    また、防災で細かい間隔での観測も期間が短く2週間程度であれば乾電池駆動で十分動きます。 置く場所を選ばず付ける電池駆動には多くのメリットを感じます。

    それでも1年、電池を気にせず使いたいには太陽電池が有効です。河川の監視に通常1時間毎、雨が降れば10分毎の詳細監視には太陽電池駆動式が便利です。

  • 雑誌:計装2月号(1月出版)屋外Web観測の記事掲載

    屋外Web計測の記事が雑誌「計装2月号」に掲載されます。 先日校正が終わりました。 1月12日出版です。 「計装2月号」もよろしくお願いします。

    記事情報:「屋外Web計測システムの災害現場への適応」

    (記事初校)2016_02_aspect_intro_fbs_field_measure(3M PDF)

  • 手に乗るWeb観測点+水位センサー

  • 手に乗るWeb観測点AD16チャネル 単管取付 DEMO

    産業交流展2015 環境-68ブースに展示する「手に乗るWeb観測点:AD16ch」モデルのデモ機器です。

    工事用足場である単管にシステムを簡単に固定できるのが特徴です。

    今回は以下のセンサーを接続しています。
    雨量センサー、水位センサー、含水率x3、外部温度センサーx2
    そして内部の温度と電池電圧を計測しています。

    デモは日の当たらない会場なので単3乾電池x8本で5分間隔に計測10分間隔に計測データをメール送信し、Webサーバでグラフやイラストを自動作成して公開しています。

  • 展示会パンフレットのプリリリース

    パンフ イメージ PDF 備考
    手に乗るWeb観測点4ch パンフレット 4ページ

    151111_fbs_hornet_ad4ch(PDF:4P)

    リチュームイオン単3乾電池x8個で6ヶ月以上水位のWeb観測を行うシステムと

    +太陽電池とNiMH充電式乾電池で連続計測を行うシステムです。

    AD4ch+DI2chを搭載し様々な計測に対応します。

    手に乗るWeb観測点16ch パンフレット4ページ

    151111_fbs_hornet_ad16ch(PDF:4P)

    上記のAD4ch+DI2チャネルのモデルに12チャネルのADを搭載しAD16チャネル+DI2chの総合観測を行えるシステムです。 斜面の総合観測にご採用頂いております。
    ZIGBEEとFOMAで広域観測 パンフレット4ページ

    151111_fz_hornet(PDF:4P)

    ZIGBEEの計測ユニットとFOMAのゲートウエイ・ユニットから構成される計測システムで多くの場所にZIGBEEユニットをおいて広域の総合観測が行えます。

    手に乗るWeb観測点AD16チャネルモデルを単管に取り付けています。ポールの上には雨量計、横には水位計をデモのために設置しています。展示会では、含水率のセンサーを4つ繋いでWebからご覧いただけます。 「産業交流展2015 : 環境ー68」このポールが目印です。

  • 産業交流展2015:11/18,19,20(木金土)予告16ch動作展示へ

    東京ビックサイトで11月18,19,20と開かれる産業交流展2015に出展準備中です。今回、「手に乗るWeb観測点AD16チャネル+DI2チャネル」モデルを実際にセンサーを繋いだ形でご覧いただけます。 計測状況はWebで公開しますので足を運んで頂けたら幸いです。

    予告:展示会内容ご紹介:exhibit_151006(PDF)
    単管に実際に雨量計、水位計とAD16を固定して展示
    AD16チャネルモデルは実際に運用を開始しており、
    水位x2、雨量x1、テンシオメータx4、傾斜計x4、土壌含水率x4と内部電圧、温度を安定して連続計測しております。

    AD16チャネルモデルは、予備のDIも使える用に変更し、2つの雨量センサーに対応可能となりました。 これで、林間と林外の両方の雨量を同時に観測可能です。

    新しい:AD16ch+DI2チャネルのパンフレット:
    パンフレット4ページ(151105_fbs_hornet_ad16_di)PDF

  • 11月18,19,20は産業交流展2015参加 環境68ブース

    産業交流展2015 11/18,19,20開催 東京ビッグサイト ブースが決定しました。 環境-68です。 電池、太陽電池のWeb計測システムを展示する予定で準備を進めております。

    展示会を経験する事に多くの人と知り合い、また、システムのご紹介とともに様々なお話を聞けるのをたのしみにしています。

  • 水位Web計測に必要な機材はデイパックに入る気軽に運べる大きさ

    太陽電池で充電しながら動作する「FBS-HORNET:AD4モデル」と4-20mA接続の10m水位センサー(ケーブル20m)のパッケージです。

    現地に持ち込んでセンサーと繋いで電源を入れれば、水位を連続計測し、結果をCSV形式のメールで送信してくれます。 日照の様子によるのですが平均日照時間が2時間あれば、10分計測、1時間毎の計測結果送信が可能です。 日照がなくても10分計測1時間毎送信なら、内部のNiMH電池で60日は連続動作する試算です。(10分間隔計測、10分間送信では、10.5日内部のNiMHの電池だけで動作を確認しております)

    言葉で説明してもやはり写真がわかりやすいので写真を載せています。

    これなら、急にWebで水位観測をしたければ、このセットを持って出かければOKがわかっていただけたでしょうか。

    「手に乗るWeb観測点」電池を含め1.2kgにWeb計測に必要な全てが入っていますので本当にこれだけです。