手軽に設置し利用できる屋外Web計測を通して防災、自然理解をすすめ社会に貢献するのがミッションです。
RSS icon Email icon Bullet (black)
  • 電池駆動Web地震計、既存の地震計との比較試験を開始

    大学の研究所との連携で既存の地震計との比較試験をさせていただいております。 100Hzの地震観測に6時間毎にGPSで時間合わせを行う機能を持たせています。 GPSと内部リアルタイムクロックは、1時間あたり約15msecずれるので6時間で約100msecずれますが、0.1秒の最大誤差で地震が計測できます。 途中の時間ヅレも補正すれば、10msec程度の時間誤差で計測が可能であることを確認します。

    単2x8本で1日1回、しきい値を超えた波形をデータ送信する条件で3ヶ月もつ試算を行っており、これも試験確認項目です。

    3軸の振動計測は常時行っており、しきい値を超えると検知前30秒、検知後60秒:計90秒の12.5Hzと100Hzの3軸計測波形データがサーバに送られてきます。

    小型で簡単におけ、人が感じる地震を計測できる電池駆動の画期的なシステムが近々完成となります。 MEMS地震計、電池、FOMAモデム、ロガーの全てが手に乗る大きさに収まります。 ボックスもIP65の防水で直接屋外に設置可能です。