手軽に設置し利用できる屋外Web計測を通して防災、自然理解をすすめ社会に貢献するのがミッションです。
RSS icon Email icon Bullet (black)
  • 手に乗るWeb観測点AD4に傾斜センサーx2接続中

    左は、土中に埋める傾斜センサーです。 これを手に乗るWeb観測点AD4に2つ接続しています。 AD4には、雨量、傾斜x2、PF,含水率のセンサーが接続され斜面の状況を連続監視します。
    3セット準備し、9月末には設置、Webでの観測を始めます。

    実際にWeb観測を始めて見ると、ロガーでは、実現できないことが多くあることに気づきます。

    1)早いWeb更新:通常1時間毎、降雨時10分毎Web更新
    ロガーで人海戦術でこれを実現しようとしたら。。。無理

    2)データの処理(ロガーとメールロガーを比較して)
    CSVデータにまとめるのをメモリカードやメールの編集を考えると毎日の単純作業に手間が掛かり、これこそコンピュータに単純作業を任せ、人間は知的作業の時間を割くべきと考えます。

    3)正確な時間

    ロガーは、外部と時刻合わせが行えないので内部クロックのズレが計測時間のズレとなってゆくます。一方、Webロガーは、ネットと時刻合わせを行うので正確な時刻を維持できます。この正確な時刻が異なる観測サイトで維持できるので正確な時間をもとにしたデータ比較ができます。

    4)観測箇所が増えても作業は、比例して増えない
    サイトをまたいだ処理でパソコンで行うのは大変ですが、サーバのデータベースを使えば容易に比較検討が行えます。 例えば、柿の林の雨量と表の大豆畑の雨量や土壌水分の比較に画面でリアルタイムに比較できます。これまでのパソコンでデータを集めて研究者が個人的に処理して評価するの処理部分をデータベースを使ったコンピュータ処理で軽減されます。 個人的に、一度やった仕事はプログラム化して次はデータ評価の時間をさらに十分取りたいと考えています。 何度も同じ単純作業はやめにしたいものです。そして研究者の知的能力の無駄使いと考えています。

  • MEMS加速度計で捉えた多摩西部の地震波形 (都心)

    12Hzと100Hzを同時観測するMEMS地震計で捉えた震度1の多摩西部の波形です。 新しいシステムはGPSを搭載しており、6時間ごとに時間合わせを行います。 6時間で約100mリアルタイムクロックが遅れるので計測された波形は、15msecほどズレているはずです。

    NiMH単2x8本で6日目、あと1ヶ月は動作して欲しいと思って電圧データを見ています。 ちなみに充電式電池と同じ単2のアルカリ電池なら容量は倍になるので目標の3ヶ月に近づきます。

    3ヶ月待つのは大変なので容量の少ない電池を使って短い時間で結果を出すよう試験をすすめています。

    だんだん、通常の地震計を補完できる簡易設置の地震計が完成に向かっています。

    屋外にそのままおけ、3ヶ月電池で動作し、人に感じる震度1以上の地震が発生すると発生前30秒~発生後60秒の波形データを送ってきます。データは精度の良い12Hzと高速の100Hzの両方の波形が送られ、サーバでグラフやCSVに変換されます。

    特徴:
    1)加速度ロガー、FOMA通信、電池を含め20cmx13cmx12cmの中に収まり2kg程度です。
    2)省電力を突き詰め、常時振動計測でありながら単2x8本で3ヶ月動作が目標です。
    3)結果はWebで利用できますので状況確認や情報共有が楽です。
    4)GPSで時間合わせを行い、正確な時間を維持します。(最大ズレ0.1秒を想定)

    屋内で既存の地震計と比較を行っており、同等な結果が出つつあります。次の段階は実際屋外に
    設置して利用、評価となり、製品完成となります。