手軽に設置し利用できる屋外Web計測を通して防災、自然理解をすすめ社会に貢献するのがミッションです。
RSS icon Email icon Bullet (black)
  • 河川堤防内の水位分布Web観測システム

    4つの水位を使って堤防内の水位分布を観測するシステムです。

    カタログ:180426_堤防内水位分布観測資料(PDF:4P)

    太陽電池駆動で連続観測できるWeb観測システムです。
    観測間隔や水位のバイアスの調整もWebから要求を送信して設定変更ができ現地便利です。

    遠隔設定で前に詳細観測に設定して水位変化を増水前から水が引くまで正確に記録する事ができWebで時々刻々の変化もみられます。

  • 橋の端に引っ掛ける簡単設置の超音波水位Web観測

    カタログ180425_usonic_quick_setup(PDF:4P)

    橋の端に引っ掛ける簡単設置の超音波水位観測です。 梅雨の時期の急な増水に備え、新しくリリースしました。

    遠隔設定機能も搭載し、増水が起こる前に詳細設定観測に設定し、増水前から水が引くまで詳細に観測・監視する待ち受け観測が可能となります。 リアルタイムで計測データがメールされますので災害予測プログラムとの連携にも向いています。

  • Webページをグラフに河川監視情報を追加

    右下が実際に観測を行うシステムで左側がその観測画面です。 画面に警報情報の画面を追加して河川監視・観測に使える様にしています。
    観測システムの調整もスマートフォンを持ってゆけば全て足りる事をめざしています。
    実際、山の中ではないのでゆきやすいのですが、パソコン開いて、ケーブルをつなぐ手間暇と持ち歩く煩わしさを考えると観測システムとスマートフォンの組み合わせは楽です。
    水位のGLバイアスや観測間隔、送信間隔もWeb画面でできますので手間がかかりません。そして何より、状況がWebでわかるので設置や運用のトラブルへも同じ情報が共有できて短時間で対処できます。
    最近気づいた個とですが、設定方法や保守ケーブルパソコンソフトの使い方など保守ソフトを使うのには取り扱い説明が必要です。そしてこれは時間が経つと忘れてまたマニュアルの繰り返しです。しかしWebなら設定もWebページで覚えることも減るし、マニュアルの要点を記載してもよく必要な情報を印刷物で管理・運搬する必要もなくなることです。