手軽に設置し利用できる屋外Web計測を通して防災、自然理解をすすめ社会に貢献するのがミッションです。
RSS icon Email icon Bullet (black)
  • 3台の「手に乗るWeb観測点」計37チャンネルを一つの観測とする

    3台別々の観測を一つの総合的な観測として処理しやすい様に1レコードとしています。

    方法は、別々に収集されているDBをSQLのjoin を使って統合した新しいDBと見なしています。

    DBのコマンドで自動的に行われますので人が介在せず効率的で本来の解析業務に時間を使えます。

  • 16チャンネルモデルで傾斜センサー多チャンネル観測

    梅雨に向けて斜面観測システムの準備が忙しくブログ更新の間が開いてしまいました。

    左が[手に乗るWeb観測点16チャンネルモデルに繋ぐ傾斜センサー9台の単体試験を行っている写真です。

    実際にWeb観測の実試験まで事務所の中で全て試験できるのはとても効率的です。

    現地ではセンサーとの接続を間違えない様に注意すれば計測はWebで確認できるので離れての技術サポートも楽です。 同じ計測情報を共有出来るので関係者一同、状況を直ぐに共有できます。

    ロガーの様にデータを取得してからの様な時間遅れも手間がかかることもありません。

    別のお客さんは観測の状況=機器の運手状況を電車の中でも確認できて便利といっていました。