手軽に設置し利用できる屋外Web計測を通して防災、自然理解をすすめ社会に貢献するのがミッションです。
RSS icon Email icon Bullet (black)
  • 工事現場で長距離無線通信LoRaを使ったWeb観測軽快に動作

    ご紹介191226_construction_lora_multipoint(PDF:1Page)

    合計24ch(ノード4chx2台+Gateway16ch)のWeb観測システムが約300m四方ほどのほどの工事現場で安定して観測を始めました。

    長いケーブルを敷設したくない。そして建物一つが邪魔されたくらいならLoRaなので弱くなった電波でも安定通信ができます。 日々、建物の建てられ通信状況が変化する環境で無線通信を使った観測に最適です。

  • 計装2020/1月号にLoRaよるWeb観測記事に載りました

    投稿記事:2020_1_keiso_aspect(PDF 4page)

    計装2020/1月号
    特集記事:
    「産業IoT時代のリモートモニタリングの新たな可能性」に

    独立設置できる]LoRa/3Gによる屋外web観測システムの開発と適応 の記事を載せて頂きました。

    IoT時代の様々な産業界の企業が取り組んでいる様子を特集で読む事ができます。

    私どもの取り組みは屋外で単独で利用できるWeb観測にあります。
    今年は屋外で乾電池だけで長期に観測するシステムの要求と利用が増えました。来年はさらに発展させる予定です。

  • 18ch屋外Web観測システム:単2電池8本+拡張電源:単1電池8本

    太陽電池で動かすより乾電池だけで動かす事のほうが好評です。本システムも当初は4chでしたが、センサ増やして18ch中10ch使用となりました。センサーにも給電もして計測するので1年電池だけとはいかず7ヶ月の見込みとなりました。それでも予定されている日陰の観測で手間がかからず観測を続けてくれる予定です。

    単1電池x8本x3セットにすると大体上の観測システムとおなじ拡張ボックスに収まるので取り扱いが簡単でご利用いただける予定で近々デビューさせます。