手軽に設置し利用できる屋外Web計測を通して防災、自然理解をすすめ社会に貢献するのがミッションです。
RSS icon Email icon Bullet (black)
  • IoT化のシステムを保守・管理するのは誰?

    Posted on 12 月 26th, 2017 washio No comments

    観測機器が故障したら原因を究明して解決するとともにデータの整合性を考えた復旧が必要です。使い方は単純になりますが仕組みは反対に複雑・怪奇になります。

    例えば左の写真はZIGBEEの観測システムで複数台で土中の水分を観測しゲートウエイに送っています。 そして例えばゲートウエイが故障すると関係するネットワークの計測が全て停止します。そして復旧には問題点の確認の試験を行い修理箇所を特定、修理、動作確認、障害時のデータで復旧できうものがあれば復旧し、運用を再開するという流れになります。 知識や経験のない人がサポートすることはできません。ルーチンワークで予備機器を準備しての交換を行い。交換したら周囲を専門家が行う流れになります。

    1/100の確率でも10台に1台は故障を考える必要がありそれを支える技術者も必要です。

    f似ていると思うのは、工場の機器の運用にはオペレータだけでなく機器の故障修理もできる技術紗が少ないですが在籍し日々サポートを行っています。

    Leave a Reply