手軽に設置し利用できる屋外Web計測を通して防災、自然理解をすすめ社会に貢献するのがミッションです。
RSS icon Email icon Bullet (black)
  • 超音波Web水位観測システム遠隔設定対応で楽な設定変更

    Posted on 3 月 20th, 2018 washio No comments

    カタログ(PDF:8P)180320_usonic_water_level_rmt

    遠隔で設定値の変更が行えるメール設定変更が出来る様になりました。 設置場所での動作確認にスマートフォンを持ち込んで値を確認しますが、水位をGLレベルに合わせるのもこのスマートフォンからメール設定変更の要求を行えば現地での対応ができ持ち込む保守ケーブルや設定用のパソコンが不要となりました。(持ち込む前には保守ケーブルとパソコンを使った初期設定と調整は必要ですが、設定した値の一部変更するにはこのメール設定が簡単です)

    増水が予測する前に設定し、水位のGLレベル調整やメール詳細な観測間隔とメール送信間隔での運用開始もこの変更が使えます。台風で増水しそうだから細かい観測に設定し、台風が過ぎたら間隔をあけた電力を使わない観測にと状況に合わせたダイナミックな運用が可能となります。

    実際使ってみると、社内のパソコンのWebページで計測データや電池の減り具合を見ながら観測の設定を変更できるのは楽です。 しばらく設定の変更を行い最適な運用条件が見つかれば、設定を固定するとともに自動観測変更のしきい値を設定し、自動運転に切り替え楽な運用ができます。

    現地観測システムが設定メールを読み出すのは、システムのサーバとの通信を行う感覚なので直ぐに反映とは行きませんがメールを送っておけば自動で変更してくれます。まるで地球から土星の探査衛星にコマンドを送信する様です。

    Leave a Reply