手軽に設置し利用できる屋外Web計測を通して防災、自然理解をすすめ社会に貢献するのがミッションです。
RSS icon Email icon Bullet (black)
  • 観測データ収集からリアルタイムでの評価の時代に

    Posted on 3 月 29th, 2018 washio No comments

    3.5インチのディスクで1テラバイト以上が当たり前の時代です。 多くの観測データが公開され利用できるようになってきました。私どもの観測システムでも簡単に設置して直ぐに長期の観測データを収集できるようになってきました。それは多くの場所の様々な情報が利用されるのを待っているように思えます。
    お店にゆけば顧客情報を収集され、そのデータを利用しての販売促進へとデータ処理が行われています。

    同様に屋外の観測情報もリアルタイムで収集できる時代に入っています。 例えば、ダムの水量管理では多くの支流からの流入量とダムからの流出料から管理が行われますが、全てをリアルタイムで観測することには多くの費用が必要で実現できませんでした。 これが実現できる時代に入っています。機器が高性能になったこと通信費用や機器費用が安くなったことそして高性能のサーバシステムが使えることにあります。 総合的な開発は容易ではありませんが実現方法が手中にあります。

    Leave a Reply