手軽に設置し利用できる屋外Web計測を通して防災、自然理解をすすめ社会に貢献するのがミッションです。
RSS icon Email icon Bullet (black)
  • 天然ダムの水位観測とシステムに求められる事

    Posted on 9 月 11th, 2018 washio No comments

    大雨で地すべりが起こり、川をせき止て出来た自然のダムが土砂ダムとか天然ダムと呼ばれています。そしてダムに大量の水が溜まって止めている部分が決壊すると一度に大量の水が長得て下流に大きな被害をもたらします。このため、天然ダムの水位観測に「手に乗るWeb観測点」を利用し水位が堰止め部分を超える危険がないか常に監視しています。大雨で水位が急激に増えると住民の方に避難を勧告します。
    実際の設置では、緊急なので以下に素早く設置できるか、Webでの観測データの公開や、危険レベルに従った警報メールの発信が求められています。

    そして故障の少ない信頼性の高いシステムが求められます。出荷したシステムは社内試験で半年以上安定動作していたシステムでした。

    現地で、オフィスで、関係者で住民にと正確な観測データが実際の防災に役立ちます。

    Leave a Reply