手軽に設置し利用できる屋外Web計測を通して防災、自然理解をすすめ社会に貢献するのがミッションです。
RSS icon Email icon Bullet (black)
  • 雨がと柿林の地中へ浸透をモデル化AIで検討中

    Posted on 11 月 8th, 2018 washio No comments

    3ヶ月の期間の雨と土中へ浸透する様子を土壌水分センサーで4深度を測っています。上からじわじわと染み込んでいるのではなく、線形のモデルでは当てはまりそうもありません。そこで考えているのがLSTM(Long Short Term Memory)のモデル。 どれだけ雨が降ればどれだけのお湿りとなるか推定できそうです。

    モデル化するのに必要な学習データは大量に必要そうで柿林で1.3年ですが更に長期の計測データが欲しくなります。

    雨と地中の一箇所を観測すれば全体が推定できる可能性がありそで詳細観測から観測の代表点が見つけられそうな感じを受けます。

    Leave a Reply